ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

合格体験記VOICE

神戸大学 工学部機械工学科
合格
(2016年)
高柳 正徳くん
■豊中高校 ■2年生4月入塾

■センター試験自己採点結果
合計:704点/900点
(得点率:78.2%)


英語/171点 英語(リスニング/44点)
数学ⅠA/70点
数学ⅡB/62点
国語/168点
物理/81点
化学/80点
地理/71点
■合格までの判定の推移
2015年8月
河合塾第2回
マーク模試
D
2015年10月
河合塾第3回
マーク模試
E
2015年10月
ベネッセ・駿台
記述模試
D
2015年11月
ベネッセ・駿台
マーク模試
B
2016年1月
河合塾センター
リサーチ
B
インタビュー
— 受験勉強はいつから始めましたか?
高校1年生のときは大手の塾に通っており、勉強はずっとコツコツやってきていました。といっても数学と英語だけ。それに英語も部活の時間をもっと大事にしたかったので途中でやめちゃって・・・。実際、本格的にはじめたのは高校3年生の6月に部活を引退してからです。
— 部活は何をやってたんですか?
3年間陸上部に所属していました。種目は400mです。100mや200mだとどうしても体のつくりで差が出てしまうけど、400mなら練習次第で自分も勝負できると考えて取り組んでいました。ごちゃごちゃ戦略を練るのは苦手だったので、最初から全力で走って最後は根性で走り抜くというスタイルでした。

— 受験勉強を振り返ってみてどうでしたか?
あれやこれやと同時にいろいろ考えるのが苦手だったので、毎日バランスよくすべての科目をやろうとせずに、一日の中でがっつり時間をとって1つの科目に入り込んで勉強をしていきました。気がつけば6時間経っていたといった経験はよくありましたね。余計なことを考えずに集中する。そのために、机の上には今取り組んでいる科目の教材しか出さない、というのを心がけていました。

また、ルーティンをつくって、淡々と勉強してました。受験直前期には、毎朝6:30に起きて、近くのファーストフード店に行き、自習室が開く時間まで勉強していました。

— 志信館の授業/講師/自習室はどうでしたか?
大手の塾に通っていたこともあるのですが、そのときはとても質問しづらかったんですよね。でも志信館では講師室がオープンになっているし、また各科目少人数の生徒で授業を受けていたのでとても質問しやすかったです。

また、自習室が日曜日でも22時まで解放されていたということも助かりました。家では勉強できないタイプなので、勉強に集中できる場所がずっとあるというのはありがたいです。また、そこで勉強することで、友人の様子がわかり、自分も頑張らなくてはと刺激をもらっていました。
— 最後に、受験生に向けての
メッセージをお願いします。
当たり前ですが合格するには、勉強をどれだけやるかが大事です、そのためには決めた勉強方法を確実に、淡々とこなしていくことが重要。テキストにしろ、勉強のやり方にしろあれやこれやといろいろ試して迷う、その時間がもったいないです。
自分の型を見つけ、確立し、勉強してください。