ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

合格体験記VOICE

神戸大学 人間科学部 環境共生学科
合格
(2020年)
下西 泰樹くん
■豊中高校 ■3年生4月入塾

■センター試験自己採点結果
合計:754点/900点
(得点率:83.7%)


英語/168点 英語(リスニング/44点)
数学ⅠA/75点
数学ⅡB/89点
国語/165点
物理/80点
化学/90点
倫理、政治・経済/75点
■合格までの判定の推移
2019年5月
河合塾第1回
マーク模試
D
2019年7月
河合塾第2回
マーク模試
B
2019年10月
河合塾第3回
マーク模試
B
2019年11月
河合塾神大入試
オープン
A
2020年1月
河合塾センター
リサーチ
A
インタビュー
— 受験勉強はいつから始めましたか?
志信館に入塾した高3の4月からです。そのころから学校で、休み時間も勉強する人たちが出始めて、「そろそろやらないといけないな」という気持ちになっていきました。ただ、寝る間も惜しんで勉強するわけではなく、あくまで一つひとつ確実に理解することを大事にしていました。
— なぜ志信館を選んだのですか?
少人数制というのが魅力的でした。大手予備校のような人数が多いところだと質問しづらいですが、志信館では先生との距離が近く、質問がしやすい環境でした。体験に来たときに、周りの生徒たちが頑張っていたのも良い刺激になりました。

— 受験勉強をするうえで大事にしていたことはありますか?
理解することを大事にしていました。いったん解き方を理解したのなら反復して解く必要はそこまでないと思います。問題集を何周もするというよりは、テキストを流し読みするように確認し、理解が甘いと感じた部分を重点的に勉強していました。
— 志信館の講師はどうでしたか?
授業でわからなかった部分があったとき、理解できるまで徹底的に付き合ってくださったのが良かったです。わからないところをそのままにしておくのがすごく嫌だったのですが、先生は授業中に僕が躓いた部分に気づき、「どこから理解できていないのか?」を一緒に考えてくださいました。とりあえず暗記してしまった部分についても、根本的なことから教えてくださったので、考える力を身につけることができました。

— 最後に、受験生に向けてのメッセージをお願いします。
頭を使って勉強することが大事です。授業中は、ともすればテレビを見ているときのように、先生の言葉をなぞるだけになりがちです。そうではなく「先生はこの先こういうことを言うだろうな」「自分だったらこのように説明するな」など、授業を自分のものにする工夫が大切だと思います。