ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

合格体験記VOICE

神戸大学 工学部 応用化学科
合格
(2019年)
西中 茉佑子さん
■池田高校 ■2年生11月入塾

■センター試験自己採点結果
合計:768点/900点
(得点率:85.3%)


英語/184点 英語(リスニング/38点)
数学ⅠA/86点
数学ⅡB/76点
国語/189点
物理/75点
化学/82点
地理/82点
■合格までの判定の推移
2018年5月
河合塾第1回
マーク模試
E
2018年10月
河合塾第3回
記述模試
E
2018年11月
神大即応
オープン
D
2018年11月
河合塾センター試験
プレテスト
A
2019年1月
河合塾センター
リサーチ
A
インタビュー
— 受験勉強はいつから始めましたか?
受験を意識しだしたのは入塾した2年生の11月からでしたが、本格的に受験勉強を始めたのは3年生の4月からです。塾での3年生の授業が始まり、宿題が一気に多くなったのでスタートせざるを得ませんでした。その後は1日10時間以上勉強するのが普通になりました。自分だけだったら、あそこまで出来ていなかったと思います。
— なぜ志信館を選んだのですか?
体験授業の雰囲気がすごく良かったからです。施設も綺麗だし、ここなら毎日通えるかなと思いました。家ではあまり勉強できなかったので、自習室がマイデスク制なのも良かったです。 また、分からないところがあった時にすぐ質問できる環境が良かったです。
— 受験勉強をする上で大事にしていたことはありますか?
精神面では、勉強が辛くなった時は神戸大学に通っている自分を想像して、楽しい気分で勉強できるようにしていました。 勉強面では、問題集を解く前に、何故そうなるのか等、理解を深める事を大事にしていました。 1,2年生の時は定期テストが取れたらいいやと思っていましたが、3年生から原理原則を理解するようにしていました。

— 受験勉強を振り返ってみてどうでしたか?
4月から夏休みまでたくさん頑張ったのに、10月の記述模試で結果がでなかった時が辛かったです。その模試があまりに出来なくて(結果的にE判定)、いつもは模試終わりに塾に行っていたのに、その日はショックでそのまま家に帰ってしまいました。そして、真剣に志望校変更を考えました。 しかし、もう一度自分を見つめ直し、やっぱり神戸大学に合格したいという思いが強い事に気づきました。ここで諦めたら、後悔してしまう。くよくよしている暇なんてないのだと自分に言い聞かせ、次の日からまた切り替えて勉強しました。
ー その他、志信館で学んで良かったことを教えてください。
大学でこんな勉強がしたいという明確な目標が無く、学部学科選びに困っていました。そんな時、神戸大学の先生が、この学部ではこういった事を学べて、将来はこういう職業に就く人が多い等、色々教えてくれました。自分の将来を考えるきっかけになり大変感謝しています。

— 最後に、受験生に向けての
メッセージをお願いします。
最初の方はなかなか結果が出ないです。模試の成績がE判定でも、先の事に不安になるのではなく、目の前のやるべき事に集中してください。また、努力の方向性についてきちんと考えるという努力が大事だと思います。我武者羅に勉強するだけでなく、どこが分かっていないのかを分析し、何が出来るようになったのかを意識してください。その先に、きっと合格が待っているはずです。