ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

塾長・教室担当よりMESSAGE

誰が何と言おうとも、
「志」に生きる。

根拠のない自信?
いいじゃないですか。

塾長 堀内祥次からのメッセージです。
塾長 堀内 祥次(ほりうち しょうじ)
神戸大学卒

私は、神戸大学合格実績ほぼゼロの高校に通っていました。
ただ、経済的な事情により自宅から通学可能な国公立大学(神戸大学)に
行くと決めていました。
しかし、学力が追いついていない上、周囲の友人のほとんどが私大受験。
私が神戸大学を受験すると言っても、応援してくれるどころか
無理に決まっていると揶揄されるだけでした。
その悔しさをバネに神戸大学に合格し、かけがえのない学生時代を過ごすことができました。
あのとき、環境のせいにして周囲に流されていたら、今の自分はありません。

「自分の学力はこんなものだから…」と、周囲からのレッテルに甘んじ、
自分の本心を心の奥底にしまいこんでいませんか?

「まず、思うこと。思わなければ決してそうはならない」。
これは、私の座右の銘です。

大事なのは、志を高く持ち、信じること。
根拠のない自信であってもいい。
それを持つかどうかも自分次第。
「大阪大学合格、神戸大学合格」という、高い目標に向かって生きる。
志信館は、その君の思いに共感し応援します。
私自身が、あのときあったらよかったと思える理想の環境を用意して待っています。

「しんどい」を「おもしろい」
に変える。
それが私の使命です。

教室担当 後藤 貴広からのメッセージです。
教室担当 後藤 貴広(ごとう たかひろ)
東京大学(中退)・京都大学 大学院卒

私がつねづね心がけているのは、
生徒に「できるかも!」という感覚を持ってもらうことです。
基本を徹底的にやったうえで過去問を解くと、
基本の組み合わせで正解にたどり着くことが理解できるようになります。
実は問題だけ見ると、国公立よりも私学の方が難しい場合が多いです。
基本を徹底するだけで、国公立は受かります。
 
「阪大」「神大」という名前に負けていませんか。
 
教科書だけやっていれば受かるというとそんなことはないですが、
結局は基本、そして基本の組み合わせです。
そのことを早い段階で気づかせてあげたいと思っています。
 
志信館には質問がしやすい環境があります。
単に質問に答えるだけでなく、
その質問をする前段階のつまずきを特定し、集中治療する。
対症療法ではなく、根治療法を施すことで、
本質を理解しどのような問題にも応用できる力を与えたいと考えています。
 
「しんどい」を「おもしろい」に変える転換点をつくる。
それが私の使命です。