ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

志信館通信【faith】ダイジェスト版FAITH

志信館古典担当講師 佐伯 寧彦

一つの問題から、
いかに多くを学ぶか。

古典担当 佐伯 寧彦 (さえき やすひこ) 大阪大学 文学部

質を重視する

大阪大学の英語は、時間との勝負。スピード感を持って問題文を読み、解答していくことが求められます。僕がおこなった勉強法で効果的だったのは、塾の授業で出た英文法や単語をすべて調べて何度も読み込む、という方法です。リスニングでも同じ文章を何度も聞き、聞いた瞬間に意味がスラスラわかるレベルにしました。これらを毎日徹底することで、知識のストックが増え、確実に自分の力になっていきました。
「英語で点を取るには、多くの問題を解くべきだ」とよく言われます。たしかに、ある程度の量に触れることは大切です。しかし、一つの問題からいかに多くを学ぶか考えるのも、すごく重要なことだと思っています。
また、過去問の添削もおすすめです。僕は、解いたものすべてを先生に提出し、添削していただきました。すると、自分では気づけないミスに気づけるのはもちろん、同じミスをした場合、先生に注意してもらえます。次に過去問を解くときに「二度と同じ失敗はしない」と気をつけながら解くおかげで、次第にミスは減っていきました。

生徒に伝えたいこと

一年後に振り返ったとき後悔がないよう、全力を尽くしてほしいということ。そうすれば、結果につながるのはもちろん、受験が終わったあとの人生でも「あのとき頑張れたから今回もできる」と自信を持つことができます。今できないことは将来もできない。でも逆に、今できることは将来もきっとできる。だからこそ、志信館を卒業したあとも「あのときの経験があるから、困難な状況でもなんとかなる」と言えるよう、全力で受験勉強に取り組んでほしいです。そのために僕も、生徒の皆さんを後押しできるよう頑張っていきます。

> 志信館通信【faith】本編

志信館通信【faith】のバックナンバーがほしい→