ししんかん 少人数制授業 全教科を基礎から習得
大阪大学・神戸大学の合格専門塾

講師陣TEACHER

難関大突破の経験をもとに、
“今の” “リアルな” 勉強法を伝える。

英語

竹内先生【神戸大学 法学部】

竹内先生 受験英語は文法力。
英語という「言語」の基礎を学びましょう

受験英語は文法力だと考えています。昨今、文法を意識しない英語学習や、対話に重きを置いた授業が増えています。確かに留学生の友人や日本に観光にきた外国人と英語で話したりしていると、その重要さを感じる時もあるのですが、受験英語は英語という「言語」の基礎を学ぶ教科です。文のSVOCを意識した読解力、題意の的を射た答案作成力、ひいては大学入学後も洋書を読む楽しさや留学生たちと話す喜びもみなさんに伝えられればと思っています。

中川先生【大阪大学 基礎工学部】

中川先生 単語力と文法力を身につけ、英語を武器にしましょう

なぜ英文が読めないのでしょうか? それは単語力や英文解釈力がないからです。英文解釈が苦手なのは文法が身についてないからです。単語と文法、これらは英文読解の基礎であり、モノにするには時間がかかります。しかし、その分モノにすれば安定して点数を取ることができます。これら二つを効率的に身につけて、英語を武器にしましょう。

比留間先生【大阪大学 外国語学部】

比留間先生 英語は何かを理解するための道具。
使う楽しさを知ると英語の勉強がもっと楽しくなります

英語を勉強するときに大切なことの一つに、文法や単語といった英語の基礎を踏まえたうえで実際に使っていくこと(演習)があげられます。英語は何かを理解するための道具です。その道具を使う楽しさを知ると英語の勉強がもっと楽しくなります。日常生活で英語のニュースを読んだりラジオを聴いたり、また「これは英語でなんて言うんだろう?」と考えたり。授業でも一緒に英語を楽しく勉強できればなと思います。

数学

田頭先生【大阪大学 工学部】

田頭先生 受験は自分がやったことが結果に直結します

高校生の皆さんは、3年間という高校生活を精一杯楽しみながらも、志望校に絶対に合格したいという思いがあって、塾に通おうとしていると思います。僕は皆さんの勉強面だけではなく、様々な面でサポートしていきたいと考えています。辛いことも多いと思いますが、それを乗り越えて、自分の力を存分に発揮して下さい。受験は自分がやったことが結果に直結します。将来の自分のために頑張りましょう!

中村先生【大阪大学 工学部】

中村先生 まわりのペースに流されず、自分のペースで
コツコツと努力し、継続することが最も大切!

大学受験とは、自分自身との闘いです。まわりのペースに流されず、自分のペースでコツコツと努力し、継続することが最も大切です。しかし、それは難しいことです。時には大変な思いをするときもあると思います。でも、そこを乗り越えれば、大学合格はもうすぐそこです。できる限りのサポートをさせていただきます。一緒に大学受験という人生の大きな山を越えましょう。

三橋先生【大阪大学 医学部】

三橋先生 大学受験とは、自分がどれほど努力できるのかを
試される場である

皆さんは大学受験というものをどのようにとらえていますか?人生に立ちはだかる壁、もしくは何かしら不安を感じさせるものでしょうか?それは確かにそうです。しかし、こうも言えます。「大学受験とは、自分がどれほど努力できるのかを試される場である」と。試験本番で自らの心の拠り所となるものは、「自分がどれほど勉強をしてきたか」その一点のみです。大きな拠り所を作ることができるよう、共に頑張っていきましょう。

米原先生【京都大学 農学部】

米原先生 理解するまで自学自習することなしには、合格はあり得ません

「受験に近道はありません。」
これは僕が受験を経験して最も強く思ったことです。いかに良い問題集を選んでも、いかに良い先生に教えてもらっても、結局はそれを理解するまで自学自習することなしには、合格はあり得ません。焦らず毎日こつこつと勉強することこそが合格への第一歩だと思います。数学の問題1つとってみても、じっくり考えぬく時間が数学の力をつける一番の近道です。この1年、辛いこともあると思いますが、一緒に頑張っていきましょう。

辻先生【大阪大学 医学部】

辻先生 受験を利用して大きく成長しましょう!

私は、長崎県の五島という離島で高校生活を送りました。受験は、確かに勉強した結果がものをいいますが、それだけではなく「人間的にどれほど成長したか」ということも反映されると思います。私は、家族や学校の先生、五島の温かい人たちに支えられ、勉強に向き合い、人間的に成長しました。皆さんも受験を利用して大きく成長しましょう!そのためのお手伝いを全力でさせていただきます。よろしくお願いします。

国語

三浦先生【大阪大学 文学部】

三浦先生 正しいやり方で正しい量努力すれば、必ず結果が出ます

正しい方向に正しい距離だけ進めば、必ず目的地にたどり着きます。同じように、正しいやり方で正しい量努力すれば、必ず結果が出ます。受験においても、同じことが言えます。私たち講師が出来るのは、皆さんに各教科の「正しい方向と必要な距離」を教えること。その地図を手に入れれば、後は皆さん自身で突き進むだけです。“ここに通えば、やるべきことはわかる” そんな指導を心がけています。「突き進むやる気だけはある」という皆さんを待っています!

船崎先生【大阪大学 法学部】

船崎先生 新しいことを知る楽しさを味わいながら、
いっしょに進んでいきましょう

今日何問解けない問題が解けるようになったのか。いくつの素敵な訳に出会ったか。自分の「変化」を意識するだけで勉強の質や結果はかなり変わるはずです。なぜ?と思う好奇心と面白い!と思う喜びを忘れずに、新しいことを知る楽しさを味わいながら、目標に向かっていっしょに進んでいきましょう。古典と数学はもちろん、勉強することの面白さを伝えられたらと思っています。私自身もみなさんといっしょに学んでいきます。力を尽くしてサポートします。

物理

高田先生【滋賀医科大学 医学部】

高田先生 「詰めの甘さ」をなくし、
何が出題されたとしても合格点をとれるように

高校の授業を受け、試験対策をし、理解できているつもりが、定期試験で点を取れなかったという人はたくさんいると思います。その原因は結局「詰めの甘さ」にあるといえます。阪大神大の入試で何が出題されたとしても合格点をとれるようにしっかりと指導したいと思います。

藤本先生【大阪大学 工学部】

藤本先生 「努力」したという自信が合格へとつながるよう、
共にがんばりましょう

受験生としての時間は長いようで短いものです。その中で、いかに自分の力を伸ばし合格を掴み取るか。その方法は「努力」しかありません。地道に「努力」を続けることは簡単なことではないでしょう。しかし、合格を目指し「努力」するみなさんを、私たちは全力でサポートします。そして、「努力」したという自信が合格へとつながるよう、共にがんばりましょう。

化学

丸見先生【大阪大学 人間科学部】

丸見先生 これだけ勉強できる機会はなかなかありません。
どうせやるなら楽しく

「受験勉強」と聞くと、マイナスイメージを持っている人もいるかもしれませんが、これだけ勉強できる機会もなかなかありません。どうせやるなら楽しく。そう思って、能動的に勉強し始めた時が、受験勉強の始まりだと思います。みなさんの「能動的な勉強」のサポートをするのが私の役目です。合格に向けて共に頑張りましょう。

馬越先生【大阪大学 工学部】

馬越先生 努力したことは決して無駄になりません。
必ず結果は出ます

受験勉強は大変なものかもしれませんが、努力したことは決して無駄になりません。時間をかけて、目の前の課題を一つ一つ解決していけば必ず結果は出ます。しかし、それが受験の難しいところでもあります。皆さんがしっかり自分の課題を見つけ、それを解決できるように全力でサポートします。一緒に頑張りましょう。

生物

松清先生【大阪大学 理学部】

松清先生 「理解する」から「解ける」へ

授業で習った内容は理解できるが、いざ問題を解こうとすると全くできない。こういう状況はよくあると思います。私が授業で意識していることは「理解する」から「解ける」という状況に持っていくことです。特に生物では物事の流れを書けるようになるのが重要です。本当に理解しているか、授業中に生徒に聞くことが多いです。そうしていくうちにテストなどでも問題が解けるようになります。ともに合格へ向けて頑張っていきましょう。

化学基礎

小丸先生【徳島大学 医学部】

小丸先生 具体的な道を示しつつ一緒に進んでいきたい

若い高校生の皆さんは部活に勉強に様々なことをこなしていると思います。若さというものは、多くの可能性を秘めていますが、知らないことが多いという怖さをも持ち合わせています。具体的にどんなことをいつまでにやれば志望校に受かるのか、明確に知っている人はいないと思います。我々講師陣は、皆さんに具体的な道を示しつつ一緒に進んでいきたいと思っています。

生物基礎

松倉先生【神戸大学 発達科学部】

松倉先生 ビジョンから逆算して目標達成までの道をたどれば、
必ず希望は叶うはず

自分が大学に入ってどのようなことを学びたいか、どのようなことに挑戦したいのか、できるだけ明確にビジョンを思い描いてみてください。そして、自分は思い描いた通りの自分になれるんだ、という自信をもってください。ビジョンから逆算して目標達成までの道をたどれば、必ず希望は叶うはずです。私は生徒ひとりひとりと向き合って、大学合格に向けてできる限りのサポートをします。

地学基礎

谷口先生【神戸大学 経営学部】

谷口先生 一緒にひとつひとつ受験の壁を乗り越えていきましょう

受験勉強はつらく苦しく、ひとりではめげそうになるかもしれません。でもここには同じ目標を持った人たちがいます。仲間がいればつらいことも乗り越えられます。そしてその乗り越えた先にある大学生活では、今まで経験したことないような自由や楽しさが待っています。わたしたちと一緒にひとつひとつ受験の壁を乗り越えていきましょう。

日本史

持増先生【大阪大学 文学部】

持増先生 受験の合否を分けるのは「基礎力の充実」

受験の合否を分けるのは「基礎力の充実」です。難関大志望者が陥りやすいパターンとして、闇雲に応用問題に取り組むことがあげられます。しかし、当然ながら応用は基礎をベースとしています。ですから、基礎をおろそかにしたまま応用に走ったとしても「全然解けない」もどかしさと「難しい問題にチャレンジした」という高揚感が残るだけで、それは非効率的な学習です。阪大・神大合格専門塾として、難関大を目指す皆さんの基礎力を充実させ、それを応用力に結び付けられるよう指導していきます。一緒に合格を掴みにいきましょう。

植村先生【大阪大学 文学部】

持増先生 「楽しい」受験勉強へ

勉強しながら「なぜこんなことを勉強してるのか?」と思うことがあるかもしれません。しかし、関わりのないと思っていた分野にすすんだり、新たな趣味を見つけることの原点は学ぶことです。受験勉強を乗り越えた先には学びたいことを幅広く学べる大学が待っています。阪大・神大でしか学べないこともたくさんあります。「苦しい」から「楽しい」受験勉強になるようにサポートしていくので、頑張りましょう!

世界史

廣地先生【大阪大学 文学部】

廣地先生 強い意志と自分を信じる心があれば大丈夫!

志望校に現役で合格するために必要なものは、絶対に自分はここに入りたいという強い意志と、絶対に自分は合格できると信じる心だと思います。高校生の皆さんの中には、部活などが大変でなかなか大学受験に向けて動き出せない人が沢山いると思います。私自身もそんな高校生でしたが、志信館の生徒になり、志信館の先生たちに支えられて、現役で大阪大学に合格することができました。今はまだ志望校に合格できる実力がない人でも、強い意志と自分を信じる心があれば、大丈夫です。皆さんが合格するに足る実力を身につけるため、精一杯のサポートをしていきます。

地理

織井先生【神戸大学 理学部】

織井先生 合格は、それを成し遂げるべく最後まで努力を
続けた者に与えられるものである

志望校合格を目指して勉強している皆さんに1つ、伝えたいこと。それは “合格は、それを成し遂げるべく最後まで努力を続けた者に与えられるものである” ということです。よく言われる、「大学受験には神様がいる」という言葉。これは決して嘘ではありません。「余裕」と言われた人が落ち、「合格は厳しい」と周囲から見られていた人が受かるといった逆転劇が、大学受験では普通に起こります。そして、そのときの両者の違いは大抵、最後まで本気で頑張ったかどうかなのです。しかし、大学受験という長期戦で、最後まで努力することは本当に苦しいことだと思います。私たち講師陣は、最後まで頑張ろうという皆さんに寄り添い、全力でサポートしていきます。共に、最後まで戦い抜きましょう。